FC2ブログ

目が赤くったっていいんだ!

ぼやいてるだけじゃ駄目だ!模索するんだ! 明日はどっちかわからない! 毎日が楽しければ内容なんていらないブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シリアナ

仕事そっちのけで映画を観た

上映会終わったばかりなのでテンションが高いままなのも一因だ

…さて、何を書こうか…
まず最初のインパクトはジョージクルーニーの背後で爆発が起こるシーンだ

が、映画は何事もなかったように他の人物を写していく
それも長く
やがて、これがこの映画の作りなんだなと気付いた

バラバラに始めて、一気に収束させる

イントレランスなのだと思って気を取り直してまた観はじめる
この手法自体は珍しくはない

前半でキャラクターとその背後関係が淡々と映し出される
ギョッとするのは半ばからだ
エレベーター内でCIAのボブとアラブの王子とアナリストのブライアンが交錯するのでゾクゾクする
ここで会うのか?
が、またもそれぞれのシークェンスに戻っていく

他のシークェンスのキャラが違うシークェンスで登場する
何か起こるのかとハッとする
この伏線がいちいちツボだった
勿論、冒頭で行方不明になったミサイルがとある床下から出てきたとこが最高だ!

物語はボブがハメられ、ブライアンが家族と別れても王子との仕事を取り、ホリディが石油会社の合併の成功を導き、その油田で働くアラブの青年が信仰が足りないと自分を責めたところから収束していく
ゆっくり始まり、クライマックスには猛スピード
これはたまらない

映画が終わってもしばらく座ったまま余韻の中にいた

シナリオが凄い
計算されたカメラワークや画質と色も好み
そして音の演出も良い
ただのカット編集ではないぞこれは

衝撃的なカットは色々思い出せるけど、いちいち書く気にならないや
今はまだこの映画の衝撃に耐えるので精一杯

いや、えらいもん見た
今年は豊作なのかねー
とりあえずまだハズしてんなーてのは一本くらいだ
スポンサーサイト
映画 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<あったまわるい | HOME | アウトプッツ8無事終了>>

この記事のコメント

ハズしてない映画を観れたってお得な気分だよね~。
興味深いぞ!
私はいつから映画館に行ってないんだったかな・・・
昨年の秋か?
何度も映画館が私を呼んでるんだけどね。
『ロードショー』でミーハーに時間を潰すオバチャンになってるよ。
2006-03-20 Mon 22:10 | URL | yoyo #-[ 編集]
ああこれは面白いですよー
おいらはツボだった
できれば映画館だけど、レンタルでも衝撃は伝わると思うです

それと、ここでは自分をオバチャンなんてゆっては駄目
おいらは自分をオヤジと書くけど(笑
2006-03-20 Mon 22:23 | URL | 赤目 #-[ 編集]
観てましたかってか当然ですね

私なんか大分前に観たのにも関わらずやっと記事にしましたよ。
反省ものです。
2006-03-20 Mon 23:05 | URL | ren #-[ 編集]
いや偶然時間取れたんで、やっと観れたんですよー
renさんの記事も見にいきますねー♪

この映画を冷静に書くのは今は無理なので、いつかまた追記するかもです

ほんと、ひろいものでしたよ
2006-03-20 Mon 23:51 | URL | 赤目 #-[ 編集]
素晴らしい作品でしたね。
でも、製作サイドに居てる方は見方も違うんだな~って思いました。
2006-03-21 Tue 12:13 | URL | 夢眠 #xNtCea2Y[ 編集]
いやいやいやいや、おいらは自主映画サイドなので、劇映画には関知してないですよう

強いて言えば、プロ観客かな
それも変だな
でも物作りしてると見方は確かに変わるかもですね
2006-03-22 Wed 00:38 | URL | 赤目 #-[ 編集]
もう公開されていたのですね。
観覧体験記、面白く読ませていただきました。
これは観てみたいですっ。
2006-03-22 Wed 23:22 | URL | sui #V8GNoOP.[ 編集]
きっと後悔はしないんじゃないかなと思いますよー
「ミュンヘン」は特殊な映画だったけど、これはちょっと良い経験でした

でも切符は金券屋で1300円で購入しちゃったけど
2006-03-22 Wed 23:35 | URL | 赤目 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。